2007年12月03日

治療デビュー♪


先月末、無事に2年の全身検査をクリアして、翌々日某有名不妊治療専門病院に大手を振って舞い戻りました(笑)

前回の受診の時には処方しようとされたプラノバールという薬を押し返したため(笑)院長先生のわたしの印象は地に落ちたのか、今回は別の先生になりました。
3回目だけどはじめて!
でも「院長先生の指示でプラノバールを処方します」と言ってたからまだ主治医は院長先生なんだろうなぁ・・

その代理の先生・・
「乳がんのほうは大丈夫なの?」と聞いてきた(!)
この病院にかかりはじめて初めてのコメント!
今までは「治ったと思ってやんなきゃ間に合わないよ!」という
姿勢だったのに・・ね!

「先日2年目の全身検査を全てクリアし、主治医に相談したところ
せっかく治療を辞めるんだからきちんと治療して目的を果たさないと意味がないから、頑張ってきてください。」と言われました。 と伝えると、うなずきながらカルテに小さい字でゴソゴソと書いてから、お薬を手渡してくれました。 

そう。乳がんの主治医は応援してくれました。
わたし「排卵誘発剤としてフェマーラやヒスロンが使われてるんですよ。あれー、私飲めるジャン!って思ったんですー」と言ったら目を見開いて驚いてた。
DR「え? 本当に?」って
DR「でも・・ピンクローズさん・・ フェマーラは閉経後の乳がんの薬だからピンクローズさんには効果ないよ? ヒスロンは別だけど・・」と・・  
ソウデシタ!
そこで・・もう一押し・・
わたし「先生・・ わたし飲んじゃいけない薬ってありますか?」
勇気を出して聞いてみた・・

DR「うーん。痛し痒しというか・・ まぁね。乳がん治療後不妊治療したから再発率があがったなんていうデータあるわけじゃないし、第一今回そのためにわざわざ乳がんの治療を辞めるんだから、赤ちゃんできなかったら全部意味がないってことになっちゃうでしょう? いいよ。なんでもやっちゃえ。がんばってよ。」
うんうん。 納得納得! その通りだよね!

自然に任せてできるんだったらその方がいいけど、年はどんどん取っていくし、確率はどんどん下がっていくし・・ 
こらー、行かなくちゃだめよね。

そこで・・・

検索をすると「ホルモンによって増殖する乳がんの患者さんにはNG」と立派に書いてある恐竜「プラノバール」の服用を始めました!

本当に驚いた。
体温が翌朝からどっと上がった。
36度台の後半だ・・
これは常に35度台のわたしにとって発熱のレベル・・
フラー、フラリン・・ でもなんかいい気持ち・・
肌もしっとり・・ いい感じ

さてこの恐竜「プラノバール」を12回飲むと・・
その後少しして生理が来るはずなんだそう・・

そして生理の3日目に受診してください・・と言われました。

初生理中の内診です(驚)

怖いけど、もう決めたこと。
つっぱしるしかないのだ!

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。