2008年01月31日

KLC周期15日目 ここが引き時?

怪獣ヒュメゴンはまったくその力を発揮できませんでした失恋
毎日注射に通ったのにE2はなんと39・・
わたしの卵巣ちゃん・・ 全くやる気ナッシングたらーっ(汗)

張り切ってパンツを脱いだのに「測定するまでもなく小さい」と言われ・・ がっくり・・ 
今回はじめてセロフェン&ヒュメゴンによる刺激だったけれど、ここまで来てノー反応だったら一度仕切りなおそうと出発前から考えていました。 

本日のDRはまた羽生似・・ 

DR羽生似「これから反応が出てくることもあるし、もう少し頑張ってみたいと思ってたんだけど・・」

ピンクロ「はじめての刺激で毎日注射しても一切の反応が見られないということはこのまま続けてもずっと無反応だと思う。」

DR羽生似「いや、これからぐんと伸びるということもありますよ。年齢のことを考えるとチャンスが少しでもあるなら賭けてみる価値はあると思いますが・・」

ピンクロ「乳がんのホルモン治療の影響がまだ残っていて、今はまだ何をやっても機能が戻らないということはありませんか? だとしたら今は焦らずにある程度体の回復を待った方がいいのではないかという気がするのですが」

DR羽生似「薬の影響は早い人だと3ヶ月で抜けます。ピンクローズさんはもう半年以上経っていますから、時期的に見るとその影響はないかと・・ でも結果から見ると卵巣が薬に反応する準備がまだ出来ていないということも考えられなくはないですね。」

ピンクロ「少しでも数値が振れて、ほんの少しでも投与の効果が確認できていればやる気も出ますが、今回は微動だにしない状態なのでチャンスだと思えないんです」

DR羽生似「乳がんのホルモン受容体の話は聞いていますか?」

ピンクロ「はい。残念ながらエストロゲンもプロゲストロンも両方強陽性です。」

DR羽生似「・・・そうですか・・ わかりました!今回はご希望によりキャンセルしましょう。それからリセットですが、プラノバールは止めて今回はマーベロンを使いましょう。 プラノバールよりも低用量ですから乳がんのリスクも低いですから」


ピンクロ「最後にひとつだけ先生。 今回キャンセルして挑戦をしないということによって生じるデメリットはありますか?」

DR羽生似「年齢的にチャンスが限られているのでそのうちのひとつを失うかも知れないということですかね」

ピンクロ「なるほど。でしたら今回はそれで結構です」


悲しいんですよ。 本当に。
でも、これがなかなか大変ですね・・ 泣くほどのことでもないから涙を出すことも出来ない。 だからいつまでも同じ濃度で体の中に滞在しているという感じ。 そして多分これは長い間お泊りするんだろうな。

年齢・・ 昨日今日で急に年を取ったわけじゃないから、自分でよくわかってるよーだ! 

まったくね。 時刻表は持っていたのに、見方がわからなくて、気づいたら乗り遅れてた。 荷物抱えてホームを走って電車に飛び乗ろうとしているわたし・・ 

こんな時にはやけ酒だ!  というわたしだったのですが、やっぱり飲酒はよくないみたいです。 下垂体機能不全の原因になると先輩に教えてもらいました。   

ヽ(゚Д゚;)ノ!! マジデスカ?

前回の6ミリタマゴちゃんの時もたっぷりと日本酒をいただいてしまいました。 一升瓶なんて数日しか持ちません。 ええ・・ 酒豪なんですの。  でも、やめます。 やめました! 年中無休で禁酒します。


でも不思議・・
お酒飲むと下垂体機能不全になるの? そしてエストロゲンでないの?
だとしたら乳がんリスク下がるじゃない?  でも、アルコールの摂取は乳がんリスクを喫煙が肺がんリスクを上げるのと同じように上げると言われている。  おーい、どうなってるんだ? 計算合わねーぞ!

とは言え、乳がんにも不妊にも悪いことは確かなので・・ 仕方ないね。  でも、やけ酒が出来ないとなるとすることが無くなる。

空虚を埋める何かを探さないといけないか。

 


Pleaseポチっと☆

ブログランキング・にほんブログ村へ


posted by ピンクローズ at 14:52| Comment(14) | TrackBack(0) | 二回目の採卵周期挑戦の巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。