2007年10月04日

プラノバールってどんな恐竜?

張り切って6時台に家を出て、受付が7時半頃でしたが、それでも90番台でした・・  
ミンナドコニスンデイルノ?・・

さぞかし早く済むかしらんと・・思ったのも束の間・・
わらわらと到着する患者さんは増えども、一向に私の名前は呼ばれず・・・
9時に採血をして結果は1時間後に出たと知らされるが・・
内診に呼ばれたのは11時。
カーテンの向こうの先生の顔は見えないけれど、どうやら乳がんのホルモン治療薬について知っている様子・・(!)

顔ナシDR「これが子宮でこれが卵巣、そしてこれ卵胞ね」

(内心ものすごく嬉しかった!だって薬で小さくなっているとしか教えてもらえなかった私の卵巣・・ ちゃんと見えたんだ!)

顔ナシDR「リューブリン最後に打ったのいつ?」
わたし  「3ヶ月製剤を5月末に打ちました」
顔ナシDR「ノルバは?」
わたし  「9月はじめにやめました」
顔ナシDR「基礎体温つけてる?」
わたし  「つけてますけど、ものすごく低くて・・」
顔ナシDR「そうだろうね・・・」
わたし  「ホルモン治療の影響なんですか?」
顔ナシDR「そうだよー。卵巣休んでたからね。そのせいだよ」

うわーーー。 知らなかった・・ 体温低いのこのせいだったんだ・・
そんなこと乳腺の先生は一言も言わないからねぇ・・

顔ナシDR「あとでお話があるからね。また待っててね」

(ああ、神様。 この先生がいいなあ・・ 話したいなあ)

でも・・ 顔ナシDRではなく、呼ばれたのは院長室・・
相変わらずの迫力・・・ オヨヨ

と、こっからは会話方式ではなく会話内容を書こう・・
会話そのままだと泣けてくるので・・ (ぐすん・・・)

要するに、院長先生は「プラノバール」という黄体ホルモン剤を12日飲んで見て生理が来るかどうか診たいとのこと。 
わたしはまだ来月の検査結果がわかるまで治療はできないし、更にその薬を飲んで乳がんに影響がないかどうか主治医に確認取りたいと訴えたのだけど・・
先生は小島よしおだった・・ (そんなのかんけーねー!)

乳がんは治ったと思って治療しないと間に合うものも間に合わなくなると力説された・・ と言われても・・こっちは命が掛かっているので・・・ 

薬を押し返し「飲めませーん」 

乳がんの主治医とも術前大喧嘩になった私である・・
平気だよー 怖くなんてないよー (ブルブル)

ただ先生は聞いてくれた。
(この部分は会話方式で・・)

院長「あんた結婚したのって乳がんの前?後?」
わたし「後です。子作りする前に乳がんになってしまいました」

そうすると強気の先生が一歩引いてくれたような感じで・・
「ああ、そうなのか・・じゃあ、出来るのか出来ないのかわかんないわけか・・ ううん。 まぁ、じゃあ、漢方だけでも飲んでみて。卵巣の機能を整える薬だから・・  で、検査OKだったらまた来て。ただそれからは治療はちゃんとしてもらうからね!いいね?」

わたし「はい!」

恐竜「プラノバール」を押し戻し・・すごすご部屋を出るわたし・・


ふぅ・・・ どうしよう・・

完全自然周期でお願いしたいよね。実際・・

生理が戻るまで受診できないなぁ・・などと思うわたしだった

いつ戻るんだろう・・ 


ちなみに漢方は23番 当帰芍薬散です。
これは乳がんのホルモン治療中の患者さんには△とされている、もしかしたらエストロゲン様作用あるかもーなお薬だけれど、なにぶん△で、実際には証明されていないとのことで乳がん患者さんにも処方されているお薬です。

いや、実は・・
これがおいしく感じる。前飲んでいた25番よりずっとおいしい。
しかもなんとアレほど35度をキープしていた体温が上がりはじめている。びっくりおどろいた!





*****体調の変化*****

1 ホットフラッシュは変わらず
2 筋肉痛がほとんどなくなった
3 逆に膝痛が気になるようになった(前からある痛みかどうか
  不明)
4 泣きたくなるほど痛かった尾骶骨・・ ほとんど痛くなくなりました
5 バネ指変わらず
6 関係あるかどうかわからないけど、「眠い!」
7 砂漠だったところに多少のおりものがカムバック

この記事へのコメント
卵巣抑制で体温まで下がるとは知らなかったなあ。でも納得☆
私、漢方飲み始めるまでは34度台になってましたからね〜。
(元々35度台だったし。)
でも漢方飲み始めてから36度いくようになって、ずいぶん楽になりましたよぉ。私は25番ですけどね〜。
23番、私が読んだ記事では女性ホルモン様作用ナシになってましたよー。
顔なしドクターは検査専門なのかなあ。
院長先生は・・・、迫力ありそうだけど、とりあえずホルモン剤は先延ばし受け入れてくれてよかったですね。
女性ホルモンに絡む薬だから、やっぱり乳がんの方の主治医にも相談したいですよね。
院長先生は乳がんの方は全く、のようだし・・・。
とにかく、早く生理が戻ってくるとよいですなあ。。。
Posted by シロクマ at 2007年10月14日 16:05
お邪魔しにきました^^

この病院ってあそこだよねえ?

漢方出してくれるの?それに院長が親切すぎるような
気も…

Posted by クルルン at 2007年10月15日 13:53
シロクマちゃん
**
エストロゲンは視床下部にある体温調節中枢に影響を与え、体温を下げる働きをします。もう一つの女性ホルモンであるプロゲステロンは体温を上げる働きをしますので、女性には高温期と低温期が交互に訪れるわけですが、エストロゲンが不足すると体温が下がらないので、更年期には特有の、のぼせ・ほてり・多汗のような体温上昇に伴う症状が感じられるのです。
**
コピペしてみたぉw 
エストロゲンもプロゲステロンも抑えてる私たち・・
体温もどうしていいかわかんないよね?(笑)
乳がんの主治医に相談したら「完全自然で」って言うと思うな・・  でもそれで大丈夫かなぁって・・
時間ないしね・・(涙)
Posted by ピンクローズ at 2007年10月16日 10:22
クルルンちゃん
いらっしゃいませー! コメありがと!
(忙しいんじゃないのー? 平気?)
そうそう。あそこよ、あ・そ・こ!
会話を書かなかった部分があるんだけど、院長先生相変わらず飛ばしてたよ?(そのまま書くと乳がん患者さん泣いちゃうような内容)
でも・・ んー、ちょっと優しい?面も見えたりもした・・ 今回は押すだけじゃなかったよ。
漢方は院長先生から勧めてくれて処方してくれたんだよ。 普通はしないの?
飲める薬がないからかしらん?
Posted by ピンクローズ at 2007年10月16日 10:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/60302948

この記事へのトラックバック

おぼえているよ。ママのおなかにいたときの
Excerpt: 妊娠中に購入しましたが、お腹の赤ちゃんがとても愛しく感じました。お話をしてくれている小さな子供たちの純粋さや、たとえ会話をできなくてもお腹にいる赤ちゃんに対して決しておざなりにしてはいけないな、もうひ..
Weblog: 出産を...
Tracked: 2007-10-13 08:51
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。